亜人 ネタバレ 65話 最新話【永井の作戦の詳細が発表! いよいよ佐藤の腕奪還穴埋め作戦が始動!】

2019年2月9日

< 亜人 65話 感想&ネタバレ 最新話 >

前回の64話では、亜人管理委員会が行ってきたすべてを戸崎が白日の下にさらしました。

そして、自害?したのか大量の出血と共に、静かに目を閉じます・・・。

 

一方、佐藤の腕を探していた永井たちと対亜が、ついにその目標物を発見!

今回は・・・永井の作戦がより詳細に明かされます!

 

2019年1月7日発売 good!アフタヌーン2月号に掲載された「亜人」の最新話、65話の感想、ネタバレです。

 

佐藤は永井の作戦に気づくのか!?

 

それでは亜人65話、感想&ネタバレ、スタートです!

 

『亜人』の1巻から12巻無料購読(立ち読み)できます!

 

FILE:65 対決の時

亜人 65話 あらすじ、ネタバレ、感想は以下 ↓

亜人 65話 あらすじ&感想(ネタバレ注意)

佐藤の蹂躙

戸崎の告発に対してテレビ番組でも話題になっている様子。

某局では、「新亜人管理法案」の立役者とされる立花姫子議員が招かれ、番組が進みます。

 

佐藤も戦闘機の中で見ているようです。

告発をどう見ますか?という司会者の質問に対して、

立花「事実確認がとれていない以上、コメントするに値しない会見でしたね」

 

その直後、テレビ局に佐藤の戦闘機が突っ込みます!

 

そりゃあ亜人・佐藤を怒らせるような発言ですからね。

この結果は当然と言えるでしょう。

 

そして、佐藤が「腕」のある高橋、ゲンの元に復活します。

 

 

作戦の詳細

対亜「佐藤が帰還 監視を続ける」

下村「隠れて指示を待つね 永井くん」

中野「永井! 次はドコに行けばいい! いつでも言ってくれ!!」

 

状況を把握し、顔中に汗をかきながら作戦を考える永井・・・。

 

永井「作戦の! 詳細を発表します!!」

 

「佐藤の腕を奪取し 穴まで運びソコに入れる」

「これらすべてを 佐藤が離陸し戻ってくるまでに終わらせる!」

 

秋山「永井! お前はさっき、35km先で42秒と言ってたよな!?」

「そんな短時間じゃ無理にきまってるだろ!!」

 

永井「そうです」

「ですが その時間は どこをターゲットにするかで変わってくる」

 

佐藤がスマートフォンの地図ソフトで次の目標を決めているようだ、ということを対亜がスコープで確認。

そのことを永井に伝えます。

 

永井「この先 首都圏以外 時間のかかる遠方をターゲットに選ぶ時が 多分やってくると思う」

「その時が この作戦を決行するタイミングです」

 

対亜が佐藤の次の目標を高倍率スコープを使って盗み見ます。

対亜「約60km先 近い スルーだ」

 

永井「まずは 腕の奪取は 対亜にまかせました」

「彼らはプロだ 邪魔しないほうがいい」

 

秋山「お前は何を?」

永井「滑走路に車を並べる」

秋山「?」

 

 

ウソの作戦

永井「田中さん 秋山さん さっき連中と闘った時 自分の存在を佐藤に知られたと思いますか?」

秋山「いや あの男のケータイを確認したが 報告をした履歴はなかったな」

田中「コッチもだ」

 

永井「よかった」

「あなた達がいることを知られれば ハッカーと接触したことがバレ 腕の在りかを知ってるのもバレる」

「この作戦は 佐藤にバレてはならない」

「だから ウソの作戦 で佐藤の目をそらせておきたい」

 

ウソの作戦・・・滑走路に車を並べることがウソの作戦のようですが、果たしてウソの作戦の中身とは一体・・・

 

まずは永井が車を滑走路まで運転して、離陸する佐藤に目撃させる。

車で滑走路を塞ごうとしているように思わせる、と。

 

田中、下村にも手伝ってもらい、台数を多く配置して本当の作戦っぽく見せたいようです。

基地内の車は鍵をかけていない車が多いらしい、という対亜の情報をもとに、なんとかなるのではという計算らしい。

 

 

中野たちの役目

中野「俺らはどうする?」

永井「穴 を探してくれ!!」

「お前 配管とかそういうの詳しいだろ!」

 

中野「腕を入れる穴だな!」

永井「だが 条件がある」

「穴の直径は腕が丁度入るくらいで 大きすぎても小さすぎてもダメだ」

「地面に対して垂直に開いていて 途中で曲がったりしていないこと」

「さらに そうだな 最低でも2mの深さは欲しい」

「そして 近いこと!」

「今 腕がある地点からすぐ! 出来る限り近くで見つけてくれ!!」

 

中野「永井 わかったけど そんな都合よくあるもんじゃないぜ?」

 

この時、佐藤が再び帰還。

佐藤は離陸の時に、会場(地上)のチームが全滅していることを確認。

それを聞いた高橋、ゲンは、ついに自分たちの出番かと喜びますが、「爆弾詰めてよ」と佐藤が諭します。

 

佐藤「ここからは私も銃を携帯したほうがいいかな」

「どんな作戦を進めてるんだろう 永井くん」

 

そして対亜から次の標的までの距離が報告されます。

対亜「永井 次の目標は約277km先 今までで最長の飛行距離だ」

「決行かスルーか 命令を待つ」

 

277km、名古屋とかそのあたりですね。

佐藤の次のターゲットは何でしょうか?

 

永井「277km・・・ つまり佐藤が離陸し戻ってくるまで・・・」

「約5分43秒」

 

中野「5分!?」

秋山「そんな時間で 全部やれってことか・・・」

対亜「次 これ以上の距離を飛ぶ保証はないぞ」

 

ハンドルを握る手が汗まみれになる永井・・・

さぁ、どうする!?

 

永井「決行だ」

 

対亜「了解 佐藤がいなくなり次第 行動を開始する」

 

中野「待てよ!! 永井!!」

「丁度合う穴が 見つかるかどうか・・・ 見当もついてないんだぞ!!」

 

永井「・・・・・・ 中野・・・」

 

中野「そもそも無いかもしれない!! それを5分なんて」

 

永井「中野!!」

歯を食いしばり、目も閉じ下を向いた永井が、

「頼む・・・ 絶対 見つけてくれ・・・・・・」

 

何かを感じた中野の表情が変わる・・・

 

中野「まかせろ 絶対に見つけてやる」

 

ついに中野が覚悟をきめました。

これを成し遂げることが、佐藤を倒すために必要なことなのだと!!

 

その佐藤は・・・

対亜が潜んでいる方向に目線を送りますが、その存在に気づいているのかいないのか・・・

 

佐藤「今 何回目の攻撃だっけ?」

高橋「5回目? 6回目? それが?」

佐藤「いや 別に」

 

と言葉少なに戦闘機に乗り込むために部屋を出ます。

それを確認した対亜が作戦を開始します。

 

そして永井もまた車のエンジンをかけ、己を鼓舞します。

永井「行くぞ 佐藤」

 

 

はい、65話はここで終了。

 

個人的には、戸崎が本当に死んでしまったのか、まだ気になっているのですが・・・

 

真鍋、カイトについては今回は進展なしでしたね。

この2人も多少なりとも出番というか見せ場があるはずなので、永井のこの作戦、どこかでちょっと失敗するのではないでしょうか?

 

今、部屋を出ていったのはいいが実は対亜の存在を察していて、飛行機に乗り込まずに部屋に戻ってきて、対亜とドンパチやるとか。

 

または穴に腕を入れる所までは成功するが、穴から出てきてしまうとか。

 

次回はどのあたりまで話が進みますかね~。

作戦がうまく行きそうに見えて、ほころびが・・・みたいな感じでしょうか!?

 

とにかく、次号も楽しみですね。

 

『亜人』の1巻から13巻無料購読(立ち読み)できます!

 

亜人 00話 中村慎也事件

広告