亜人 ネタバレ 63話 最新話【IBMを複数出す亜人vs田中、決着! 消防士の亜人・秋山がとった作戦とは!?】

2019年2月8日

亜人 63話 感想&ネタバレ 最新話

前回の62話で、田中・下村の前にIBMを複数出す亜人が立ちはだかり、中野・秋山の前にも頭脳戦を得意としていそうな亜人が中野と秋山の分断に成功しました。

佐藤を倒す前に、コイツらを倒すことはできるのか!?

 

この2つの戦い、今回で決着です!

 

2018年11月7日発売 good!アフタヌーン12月号に掲載された「亜人」の最新話、63話の感想、ネタバレです。

 

今回は、後半にあのおっさん、真鍋も登場です!!

 

それでは亜人63話、感想&ネタバレ、スタートです!

 

『亜人』の1巻から12巻無料購読(立ち読み)できます!

 

FILE:63 STRIKE BACK

亜人 63話 あらすじ、ネタバレ、感想は以下 ↓

亜人 63話 あらすじ&感想(ネタバレ注意)

田中のIBM vs 2体のIBM

下村を吹き飛ばし、田中に迫る2体のIBM。

そう、複数のIBMを操る亜人が田中に襲いかかります!

 

男「行くぜ!! コレが世代交代ってヤツだ!!」

 

険しい表情の田中の前で、田中のIBMのパンチが炸裂!!

 

 

見事、今回の63話の扉絵にあるように、まずは一体目の頭を見事に粉砕!!

経験値の差!?

それとも格闘戦は意外と相手は得意じゃない??

 

男「え!? そんな・・・!! なんでだ・・・!?」

 

一体目がやられたことが意外すぎる、という表情を見せる男。

 

田中「いや 単純に お前 弱いぞ?」

 

二体目のIBMが田中のIBMに背後から襲いかかります!

がっ!

右のバックナックル一発で、これまた頭部を粉砕!

 

IBM同士の戦いは、あっさりと田中に軍配が上がりました。

 

やっぱり田中のIBMの格闘経験値がモノを言ったのかな、と。

永井の妹をさらう時に、下村のIBMとやりあったりとかなり初期から戦っていましたからね~。

 

 

秋山vs頭脳派?亜人

IBMを出したものの、スプリンクラーを作動させられIBMを操作できない(正確には、操作しにくい、ですが)状況に追い込まれた秋山。

 

どうやら中野は、下で気絶させられているらしい・・・ほんとか?w

 

秋山が近くにあったダンボールを手に取ると、

男「ソレを盾にして僕に近づくのか 確かに麻酔銃は防げる だが普通のピストルもあるんだぞ?」

 

秋山、ダンボールだけではどうにもならなそうですぜ、どうする?

 

秋山「ひどい工場火災で崩れた天井の下に生存者を見つけた」

「コイツ(IBM)に頼めば救える だが放水が雨のように降り注いでいた」

「その時 ダメもとだったが 傘をさした」

 

なんと、秋山は自分の眼の前に立つIBMと自分の頭上にダンボールをかぶせ、傘のように使ったじゃないですか。

これでスプリンクラーの放水が秋山とIBMの意思伝達を邪魔することもない!

 

それに気づいた敵の亜人も、「あ!!」と言ったかと思うと・・・

銃を打つも、一気に距離を詰められアッパーカット一発でノックアウト!

縛られて一室に閉じ込められてしまいました。

 

秋山は中野とも合流し、永井とどう連絡をつけようか思案するのでした。

 

 

2体のIBM使いの本体

田中が2体のIBMを粉砕すると、建物の屋上に隠れていた亜人が麻酔銃を取り出します。

男「クソ!! もう遊びは終わりだ」

 

すると、屋上に下村が登場!

やはり、吹っ飛ばされたままに見せかけて、本体を見つけてやってきましたね!

 

男に体当たりをかまして、屋上から落下させる下村。

相手が亜人だからいいけど、普通の人が相手だとねぇ(笑)

 

屋上から落ちた男は、塀のようなもので胴体真っ二つ!!

亜人ですからね、復活して目が覚めると・・・

 

なんと、その塀にめり込んだ形で身動きが取れなくなっているじゃないですか!

男「なんだよコレっ!! 抜けねーぞっ! クソっ! なんで屋上にいるってわかったんだよ!!」

 

下村「あんだけ デカイ声 出してればね」

って、なんてことはない、声がデカいのですぐにわかったようです(笑)

 

男「会場には仲間が何人もいるんだからな!! そいつらに殺されちまえ クソがっ!!」

と捨て台詞を吐くも、塀から脱出できそうにない男。

I

BMを使うとか、脱出はなんとでもなりそうですけどね。

コイツ、頭悪そうだから無理かもww

 

永井はコレと同じようなことを佐藤に対してやろうとしているわけですが、果たして上手くいくでしょうか。

 

 

永井、そして真鍋

佐藤の仲間である一般人を掃討した永井と対亜人特選群(対亜)。

GPS画面が示していた地点に辿り着きますが、建物が見当たりません。

 

対亜「永井 ココは自衛隊基地だぞ」

永井「なるほど 地下か」

 

・・・・・・

 

貸しコンテナのエリアに・・・真鍋、現る!

武器商人である義手の男が真鍋を爽やかに出迎えます。

 

男「何の用だ 急ぎって」

真鍋「ハッ 買い物以外でお前に用なんかあるかよ」

 

銃を品定めする真鍋の眼光に男が何かを察したよう。

男「真鍋・・・仕事で使うんじゃあ・・・ねぇみてぇだな」

 

鋭い眼光が、言葉を発せずとも答えを表します。

男「出てけ 個人的な殺しで使う奴に 俺は売らねえ」

真鍋「他をあたるよ」

男「そうしてくれ」

「そういや平沢のクソジジイとは まだつるんでんのか?」

「奴に言っとけ いい加減 引退しろってな」

 

真鍋「死んだよ じゃあな」

 

男はまたもや何かを察したよう、真鍋を呼び止めます。

男「好きなのを持ってけ くれてやるよ だが二度と俺の店には来るな」

 

真鍋「コレが仕事納めだ」

 

また一人、基地へ向かう男がここにも現れました!

 

 

はい、63話はここで終了。

 

新しい亜人と田中や秋山との戦いは、あっさりと1話で決着がついてしまいました。

もうちょっと引っ張ってくれても良かったのですが、話がサクサク進むのは、それはそれでいいですねw

 

コレで残る敵は佐藤、高橋、ゲンの3人だけのはず。

まずは佐藤のいない高橋とゲンの二人のところに一同が集結する感じでしょうか?

それとも、まだ見ぬ敵が潜んでいるのか・・・

 

どっちにしても楽しみですね。

 

 

コミック最新13巻が11月7日、そう本日発売!

 

『亜人』の1巻から12巻無料購読(立ち読み)できます!

 

 

亜人 63話 END  < 63話はコミック14巻に収録予定 >

亜人 64話 はこちら
亜人 62話 はこちら

亜人 00話 中村慎也事件

広告