亜人 ネタバレ 50話 最新話【いやらしいぞ、曽我部!】

2019年2月9日

亜人 50話 感想&ネタバレ 最新話

漫画「亜人」、2017年5月6日発売 good!アフタヌーン6月号に掲載されました!

その亜人 最新話、50話の感想、ネタバレです。

前回の49話は、永井が生まれながらの亜人であることが明かされました!

戸崎や真壁、佐藤に田中も動きだし、物語が一気に加速しそうな予感です。

 

今回の50話は、あの現象がカギを握るのでは?という予感を感じさせる内容です。

それでは亜人50話、スタートです!

 

『亜人』の1巻から10巻無料購読(立ち読み)できます!

 

FILE:50 約束の地

亜人 50話 あらすじ、ネタバレ、感想は以下 ↓

亜人 50話 あらすじ&感想(ネタバレ注意)

佐藤、動く

厚労省との会談で日本の未来が決するか!?

会談場所に向かう佐藤たち。

佐藤、高橋、ゲンは田中とは別の車に乗り、後ろから付いていきます。

 

何故に別々の車?

田中を何かに利用しようとしている?、と勘ぐらずにいられません。

やばいよやばいよ~、田中、何とか佐藤の魔の手から逃れてくれよー!

 

さらに見送りに来た奥山から「本当にやるんだね?」と声をかけられた佐藤は「やるよ!」と自らの決意にゆらぎがないことを奥山に示します。

奥山は、佐藤に何かを託されていると思うのですが、果たして、その通りに行動するのでしょうかね??

佐藤の作戦の成否を決めるキーパーソンは田中ではなく奥山かもしれませんね。

 

フラッド

会談場所の「入間市市民体育館」に到着した佐藤たち。

学校行事で何回も来ているという永井は間取りの確認はいい、と下準備を見送ります。

 

これってもしかしたら永井に有利な状況の1つになりますね。

佐藤たちも間取り図など入手しているとは言え、何度も使ったことがある人間故のアドバンテージが何かあるかもしれません。

 

車からはオグライクヤが降りてきて「フラッドには気をつけろ」と忠告をはじめます。

っていうか、まだ車から降りてなかったんですね。

 

オグライクヤが、ゴール直後に転倒し死亡したスピードスケートの選手、もちろん亜人の話をはじめます。

「勝利の喜び」と「復活」が重なり、フラッドが発現したことを話し、フラッドで作り出されたIBMは、「発現の発端となったシンプルな感情に従い行動し続ける」という発見を語ります。

 

なるほどね、コレってかなり重要なヒントのような気がしますよね!

この他にも、「フラッドで作り出されるIBMは平均10~15体」、「コントロールがきかない」、というフラッドの特徴が明かされました。

 

「中村慎也事件」も同様で、発現の発端は「殺意」、消失するまで周りの人間を殺し続けたという。

 

そんな稀なことが、もし永井圭で起こってしまったら?と危惧するオグライクヤ。

「君がフラッドを起こせば 氾濫状態のIBMが10~20体じゃきかんぞ」と注意を促すオグライクヤですが・・・。

 

コレって、注意じゃなくて助言ではないかと感じました!

フラッドを巧みに活用できるのであれば、佐藤に対して勝ち目もあるのではないか、と。

おそらく永井も同じことを考えているはず・・・。

 

佐藤がいつか宣言した、永井の断頭をあえて受け入れ、その対価としてフラッドを発現させ佐藤を倒す!という筋書きが見えてきましたよ!!

 

作戦

会談まであと2時間、作戦は・・・立てようがない、と本音を戸崎に漏らす永井。

AJIN.comのトップページが更新され、今日、何らかの方法で何らかをし決着をつける気だと思います、という独自の感想を明かす永井。

 

「作戦と言えるものがあるとすれば とにかく奴に近づくこと くらいですかね」と、本当に作戦といえるものは何も無い様子。

 

弾切れになった時、奴が寝てれば勝ち、寝てなければ負け、それだけですよ。

果たして、佐藤に勝つことは出来るのでしょうか・・・。

 

さらに永井は戸崎にも気を配る一言を告げます。

「コッチの心配はしなくていいですよ あなたはあなたの戦いをすればいい」

戸崎「そのつもりだよ」

 

戸崎も何らかの独自の戦いを、ケジメの付け方を考えているのでしょう。

どんな行動に出るのか・・・

もしかしたら・・・曽我部退場まであり得ると思っているのですが、どうでしょうか。

 

曽我部

その曽我部が到着。

大臣も到着しボディガードも配置についたことを戸崎に報告します。

 

曽我部は「あのー 田・・・ 下村さん あなたの年齢・身長・体重は?」と、何げに探りを入れてきました。

 

コイツ、いやらしいな・・・。

下村が田井中陽子であることをほぼ確信しているからこその質問。

戸崎にズキュンとやられればいいのに、と思ったのは自分だけではないはず。

 

下村に「?何ですか?」と返されると、「いやぁ別に 今のうち いろいろ知っておきたくてですね」と興味があることを遠回しに告げる曽我部。

 

いや、ほんっといやらしい奴だな、曽我部は。

戸崎の「黙れ 曽我部」という言葉に対しても「なぜです?」と生意気な口をきくところなんか、生意気を通り越して、とっとと佐藤にやられてしまえばいいのに、と思わずにいられません。

 

そして、ついに佐藤たちが現れるのですが・・・。

 

田中

車から出てきたのは田中一人。

他のメンバーは見当たらず、後続車も見当たらない様子。

 

ということは、佐藤たちは別の場所に向かったということ!?

田中だけが来たことに動揺する一同。

 

和解しないつもりか?

不審人物は見当たらない。

IBMも見当たらない。

 

佐藤は・・・ドコだ!

 

そこで、永井が何かに気が付きます。

「今日は何月何日だ?」

 

「今日 何らかの方法で何らかをし 決着をつける」

 

この言葉と日付から永井は何かに気づいた様子。

やはり当たってた、という言葉をはいた永井は何に気づいたのでしょうか?

 

中野「どうする」

 

永井「走れ」

 

 

というところで50話は終了。

佐藤の作戦の片鱗が見えてくるのが次号ですかね、楽しみです!

 

『亜人』の1巻から10巻無料購読(立ち読み)できます!

== NEWS! ==

2017年4月7日 亜人 第10巻がついに発売されました!!

10巻についてくるスペシャルDVDでは、佐藤の軍人時代が観られるそうです!!

佐藤大好きな人にはたまりませんね!

 

亜人 50話 END  < 49話はコミック11巻に収録予定 >

亜人 00話 中村慎也事件

広告